ご挨拶

院長

ご家族単位で末永くお付き合い下さい。

ゆりかごからお墓まで世代をこえ、家族単位で永いおつき合いをさせて頂くことを目指しています。 検査や治療は当然のことですが、病院と違って気軽に医療、健康相談に活用いただけるようスタッフ一同で努力していきます。
院長 細見 洋一

経 歴

1989年 神戸大学医学部卒、内科研修医
1990年 高砂市民病院内科
1992年 神戸大学第二内科
1993年 兵庫県立成人病センター臨床研究所(糖尿病代謝)
1995年 井野病院 内科
1996年 国立加古川病院(現甲南加古川病院)内科・循環器科・消化器科
1997年 細見医院 継承開設

専門とする疾患など

診療内容

・内科・糖尿病内科
・消化器科
・循環器科
・小児科・予防接種
・運動療法
 詳しくはこちらをご覧下さい。

所属学会・認定医など

・日本内科学会認定医
・日本糖尿病学会専門医
・日本医師会認定産業医
・認知症サポート医

スタッフのご紹介

運動療法室 個別栄養指導

はじめまして、院長の細見洋一です。
このホームページは当院をよりよく知っていただき、私の診療方針や考え方を理解していただく有効な窓口になればと思っております。

私自身、糖尿病専門医として生活習慣病予防に力を入れて行く一方で、皆様のごく身近な家庭医として、 いろいろな医療介護の問題に一緒に取り組んでいきたいと考えております。

スタッフ共々、常に進化する医療機関でありたいと思っておりますので、これからもよろしくお願い申し上げます。

当院では2名の糖尿病専門の医師による糖尿病治療、生活習慣病診療に力を入れております。

糖尿病治療の基本はやはり食事・運動です。

当院ではできるだけ個別栄養指導(月2回土曜日)で自己分析をしていただき、 希望者には2階運動療法室にてインストラクターによる運動ストレッチ指導や週1回からでも気軽に有酸素運動を初めていただけます。

食事運動だけでは困難な方には糖尿病の病態に合わせた投薬治療、外来インスリン強化療法導入なども行っております。

ほとんどの方が月1回の来院で済むように、すぐに血糖コントロールがわかる院内迅速HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)測定器を 以前より導入し、事前に血液検査のみに来院いただかなくていいよう診療の簡素化を図っております。

また第3火曜日午後、水曜日には連携医療機関の病院医師に参加していただき、治療の平準化、高度化、スムーズな医療連携を推し進めていきたいと考えております。

スマホサイトを見る